Higlasi-2Aの作り方(時々更新)
内容のお問い合わせは bzk00100@nifty.com

2019年12月19日木曜日

何を今さら・・・

追尾性能が特別良いわけでも無く
むっちゃ小さい事も無く
決して軽く無く
カッコイイとは無縁で
・・・
何を今さらって言われそうで
アップは迷ったのですが
まぁ、、やろうと思ったところまでは
できたので・・・。
切削でモノを作るって大変でした(苦笑



2019年11月9日土曜日

もう少し・・・

もう少しなんとかならんかなぁ〜と
偏心量を変えテストするも
Pモーションの改善は多少できるものの
直径33mm市販のウォームホイールの限界か
その他のエラーが多く・・・・
たまには測定器の夜空を離れ
関西月明かりの中
比較的暗いカシオペア座あたりを24mmで240秒
まぁこれが本来の楽しみ方でしょうね・・・(笑



2019年10月29日火曜日

PECその後

10/16の結果から翌日(17日)撮影した結果が
アッと驚くこのザマ(苦笑

どう欲目に見ても±70秒角 
その後天候も悪く・・・・
原因は測定治具のメカ的な問題で
たぶん
負荷のかけ方に問題があった事と
偏芯量の計算値が違ってた様子で・・・・
手探りで探した結果
偏芯量0.1mmでいい感じのポイントを見つける事ができました。

ウォームギヤに直結し0.1mm偏芯したプーリーの回転位置を調整し
検査治具で振幅最小値を求める。
黄 --> 青
治具上では効果を確認できる。。。
で、待ちに待った昨夜の星空
この結果をどう見るか
まぁ欲目で±18秒角、、まぁまぁですか(笑
ギヤのエージングをすればもう少しスムーズな軌跡になるかも知れません。。



































2019年10月16日水曜日

PEC それっぽい?

所有する機材では
なかなか精度の高い加工ができないのですが
一発目の測定でそこそこそれっぽいデータを吐き出してくれたので
アップしてみました(笑

ウォームギヤに直結したプーリーを0.4mm偏芯させて測定
0.4mmは加工上たまたまそうなった数値で意味は無い

F:欲目の±50秒角

M はFの位置からプーリーを90°回転
Fの周期性はほぼ無くなったようにも見える

TはMと同じ条件で再測定
メカ的なノイズが多いので何とも言えないけど
再現性の問題は無いように思う。。
Fの周期性の倍っぽい周期があるので
偏芯量0.4mmとプーリーの角度次第ではもう少し補正できるかも知れません。

直径33mm程度のウォームホイールで
±15秒角ができれば・・・嬉し。。










2019年10月11日金曜日

pec をやりたくて

実は  PEC (Periodic Error Correction)  をやりたく
そのためには
ピリオディックモーションエラーを正確に測定する必要があり
Higlasi出荷検査用のそれは
誤差も大きく    ご迷惑かけました m(__)m
特にメカ的な問題の影響が大きく
どうにもなりませんでした。。
それで、ここ数年 悶々としてたのですが
今回製作している測定器が
それっぽい?(かもしれない)データを吐き出してきたので
結果だけ・・・。(未検証)
































2019年10月9日水曜日

ちょっと番外(レグザの修理?)


6年間使用した42Z8なるTV(東芝レグザ)が
電源ONで
数秒から2分以内にバックライトが突然消える現象が発生(他は正常)
ネットの中ではT-CON基板不良の情報が多いけど
数分間を正常に経過すると、1日中ちゃんと映るから基板不良は少し納得が行かずで・・・
基板のコネクタ抜き差し、トランスこんこん、
基板のヒートショック等一連の基本を試すも直らず、
最終手段、
電源とT-CON基板を繋ぐ制御線っぽいコネクタを外すと(写真参照)
NG現象は起こらなくなり普通に見えるように・・・
たぶん T-CON基板内の
バックライトの明るさを制御する信号ドライバーが死んでると。。






























2019年10月3日木曜日

とりあえず

まぁ、、とりあえず
これまでのHiglasiよりはたぶん剛性のある
「ポタ赤」になりました。
実はこれを作りたかった訳ではありません。
目的の準備の一つが
やっと、、できたに過ぎません。
やろうとしている事で
満足いく結果が得られたら
ここでアップします。。
アップが無かったらNGだったと(笑
でも
蓋までは作ろうかな・・・。